看護師 人間関係

看護師の退職理由、第1位は人間関係の悩み 。

近年、看護師の離職率の高さが問題になっています。日本看護協会の調査によれば、年間の離職者数は10万人以上で、20代でも3回の転職経験を持つ看護師は珍しくありません。
ある調査によると、看護師の退職理由第1位は人間関係だそうです。ありがちなのは、女性ばかりの職場で予め空気を読んで周囲に合わせなければならず、うっかり意見が食い違ってしまうと、

 

「先輩に質問しても無視される」
「同僚からいじめを受け、陰口を言われる」
「申し送りや連絡事項を伝えてもらえない」
「根拠のない噂話を流される」

 

と言った事が起きてしまうパターン。

 

空気を読んで周囲に合わせるという事は、どんな組織でも必要な事ではあります。これが全くないと、それは別な意味で大変ですが、女性ばかりの職場ではその傾向が非常に強く、陰口、無視、いじめ等が起きやすくなるようです。

上司への不満とパワーハラスメント

人間関係に続いて、看護師の退職理由第2位は「上司への不満」でした。

 

上司への不満も、人間関係の一種と見る事が出来ます。しかし、同僚との人間関係と違い、看護師の先輩や主任、師長、医師等自分よりも目上、キャリアが長い人間との人間関係が悪くなると、一方的に自分がストレスを受けて、かなり辛い事になります。それどころか、パワーハラスメントに発展する事も。事実、ある調査では、パワーハラスメントを受けたことがある看護師は全体の60%以上だと言う事です。

対策は

1.否定的な言葉を使わない
  規則違反など、相手に明らかな問題がない限り、直接否定しない方がよいでしょう。

 

2.陰口に乗らない
  誰かの陰口に乗るという事は、陰口を叩かれた相手を敵に回す事。対立に巻き込まれないよう、適当に受け流しましょう。

 

3.上司に相談する
  上司や責任者に事実関係を出来るだけ客観的に伝え、相談しましょう。

 

4.転職する

 

1と2は敵を作らない心得と言えます。否定しない、という事を心がけるだけで、かなりのトラブルを防ぐ事が出来ます。
3ですが、もし問題がパワハラであれば、その上の立場の人に相談するか、労働局や監督署などに相談する方法もあります。

 

しかし、それでも自分が虐めの標的にされてしまった場合や状況が改善しない場合、思い切って転職することをお勧めします。
ただし、無闇に転職してはいけません。職場を変えても同じ様な問題に直面するケースもあるのです。看護師求人サイト、それも1つではなく複数のサイトに登録して口コミなどを自分で比較、コンサルタントに相談して、自分に合った職場を探しましょう。

 

そのさい、平均年齢はチェックする項目の1つです。若い看護師ばかりだったり、逆に高齢の看護師が多い職場は人間関係の問題を抱えている可能性が高いからです。
平均勤続年数が3年を切るような病院も要注意ですが、幽霊看護師が複数名いて、平均年齢や平均勤続数が操作されている場合もあります。鵜呑みにせず、求人サイトで信頼できるコンサルタントに確認をしてもらいましょう。

看護師求人サイト

看護師専門の求人サイト、登録はいずれも無料です。

 

MEDFit看護師*ナース
1.完全無料の専任コンサルタントによる転職サポート。
2.現場情報の大量保有により実現する質の高い転職。
3.転職成功に向けた充実サポート。

で、自分に合った職場で自分に合った働き方を実現。しかも、転職成功者全員にキャリアップ支援金10万円贈呈
リクルートの看護師転職サービス「ナースフル」
とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上の転職を支援しているリクルートが運営する看護師転職サービス。

業界最大級の求人数で、一般の求人サイトでは見つからない、「優良な非公開求人」がいっぱい。
ジョブデポ

求人情報件数10万件以上、日本最大級の看護師専門の転職支援サービス。
希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーにお仕事を紹介。
ご入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼント!。
給与や勤務時間など直接聞きにくいことはすべてジョブデポが交渉。